Cork

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はっする するぞう!

 障害があろうと稼いでやる!

【第3回】『臆病者のための億万長者入門』を読んだ感想と学んだこと

書籍レビュー 投資全般 株式 障害者 マネタイズ アフィリエイト
スポンサーリンク

『インベスターZ』でも紹介されていた『臆病者のための億万長者入門』を読みました。

 

『臆病者のための億万長者入門』ってどんな本?

著者は橘 玲さん。

金融、投資をテーマにした小説や本を沢山執筆されている作家さんです。

橘玲(たちばな・あきら)

 作家。1959年生まれ。早稲田大学卒。「海外投資を楽しむ会」創設メンバーのひとり。2002年、金融情報小説『マネーロンダリング』(幻冬舎文庫)でデビュー。「新世紀の資本論」と評された『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』(幻冬舎)は30万部の大ベストセラーになる。を発表。著書に『得する生活』『雨の降る日曜は幸福について考えよう』『永遠の旅行者』(山本周五郎賞候補)『マネーロンダリング入門』(以上、幻冬舎)、『臆病者のための株入門』『亜玖夢博士の経済入門』(以上、文藝春秋)、翻訳書に『不道徳教育』(W.ブロック著 講談社)がある。

引用元:AIC:海外投資を楽しむ会:橘玲

 

 そんな橘玲さんが自分の経験と知識を踏まえ、金融リテラシーのない初心者に向けて億万長者になる方法を教えてくれているのが『臆病者のための億万長者入門』です。

 

どうすれば億万長者になれるの?

 

 タイトルの引きの強さの割に結局この本で書かれている億万長者になる方法は

「一生懸命働いて、倹約して、堅実な資産運用をしなさい。」

そりゃ、そうなんだけどさ〜。。。

 

 総資産は労働収入から支出を差し引いた額にプラス資産の運用益で形成されるものなのだから正解なのはわかります。しかし、裏技みたいなものを期待していたのですが、やはり、そんなものは無いのですね。

 

億万長者になりたければ しっかり働け!知ってる…

 論理的かつ数字の根拠を示しながら、億万長者になりたかったらシッカリ働きなさいと教えてくれます。

 私たちは2つの資本(投資する元ネタ)をもっています。人的資本と金融資本です。人的資本とは労働力。金融資本とは金融資産、不動産、年金資産、相続資産などです。

 日本では労働収入が良いので、ちゃんと働いて、支出を切り詰めたら億万長者になれるそうです。

 

 しかし、病人の私にはその人的資本が少ない。。。

 

 ということは、もっと金融資本を活用しなければいけない。

 

 しかし、橘玲さんは言います。

 金融資本の投資はリスクがあるから

 人的資本が多く毎月の労働収入が多い時はハイリスクな金融投資が可能だが、人的資本が少なく労働収入が少ない時は、金融投資もリスクを少なくするべきだ。

 

 ごもっとも!

 

 ということは、私のするべきことの方向性は2つ。

  • 人的資本をどうにか少しでも増やす
  • リスクをなるべく抑えてかつお金も増やせる金融投資方法を見つける

 しかし、そんなことは可能なのでしょうか?

 

今の私にできる仕事なんてあるの?

 一日がリハビリや痛みを堪えることにであっという間に過ぎていく毎日。体調も崩しやすく、崩したら1週間くらい寝込んでしまう。予定を立てられないし、予定通りこなすなんてほぼ無理。そうなると組織に属してチームワークで進めるような仕事は厳しい。(だから、会社もクビになって現在無職なわけです。)

 

 となると、在宅で個人ワークということになるのですが、これと言って職人的な技術があるわけでもありません。

 

 今思いついて、直ぐに実行できることといったらアフィリエイトぐらいです。

 

 とりあえず、ブログ書くだけなら初期投資は必要なし、時間もできる範囲で始めることにしよう。稼げるかどうかは、やってから検証しよう。

 

 とりあえず、アフィリエイトから始めることにしました!

 

金融資産の活用方法も教えてくれてはいるが、これじゃあまり増えないな…

 この 『臆病者のための億万長者入門』には、金融基礎知識から株、不動産投資、外貨取引など色々な投資に関して概要とどういうものか、どういう投資をしたら良いのか教えてくれています。

 

 この文章がさすが小説も書かれている作家さん。ご自身の失敗や成功などの経験談も踏まえて、表現豊かに書かれていて面白い!

 

 ただ、ターゲットの読者が投資など今までしてこなかった、金融知識の浅い初心者に向けて書かれた本で、しかもその初心者が「金融知識を向上させること無く簡単にリスクが少なく投資をするには?」というスタンスでか書かれているんですよね。

 

 橘玲さんが言われているように、金融市場は海千山千の猛者が戦う戦場で投資はギャンブル。素人がおいそれと手を出すと火傷するのも分かりました。

 

 しかし、リスクをなるべく抑えてかつお金も増やせる金融投資方法を見つける

ためには、ちゃんと勉強してその猛者たちと戦う方法が知る必要があります。

 

 今後は実際のトレード技術について勉強を深めていきたいと思います。

 

 初心者が投資全般を浅く広く勉強するには、とても良い本でした。深く勉強しないで預金より少し運用益を出したいぐらいの方には特におすすめです。

 

臆病者のための億万長者入門 (文春新書)

臆病者のための億万長者入門 (文春新書)

 

 

 

はっする するぞう